前へ
次へ

結婚した後のハードルを一つずつクリアする

男女ともに、初婚年齢が上昇していますが、結婚した後、子どもを授かり、出産や育児などを経験する夫婦が大半でしょう。
ですが、不妊治療に取り組む夫婦も少なからずいるのです。
早く初孫の顔を見せてあげたい、長男の嫁であるなら、その期待も大きいはずです。
精神的・肉体的ストレスが不妊症の原因としてクローズアップされています。
ストレスの受け止め方や感じ方は人それぞれです。
妊娠してから、育児の不安などで大きなストレスを感じ、そのために育児ができなくなるようでは困ります。
不妊の原因は夫婦それぞれに半分ずつですから、夫婦で病院に行ってこそ意味があります。
心に刻みたいのは、愛するご主人、奥さんの子どもが欲しいから頑張るのだということです。
夫婦の問題ですが、仕事との両立も問題で、会社の人に不妊治療のことを打ち明けていない夫婦が意外にも多いそうです。
口実を考えたり、休んだ分の仕事まで背負ってしまっては、心にも身体にもよくありません。
上司や気心の知れた同僚にだけは打ち明けておきましょう。

Page Top